「風が強く吹いている」

随分前ですが、
実際に箱根駅伝で走る選手を湘南で見たことがあります。

テレビで見ているとわからないけれど、
実際には風のように速かった。
あっという間にわたしの前を駆けて行ってしまいました。
走っていないわたしが、なぜかドキドキしました。



三浦しをんさんの「風が強く吹いている」
この本を初めて読んだのは、4・5年前ですが、
今回、長女のために文庫本を購入しました。


Amazonアソシエイト by 風が強く吹いている (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


同じアパートに住むことになった、ほぼ素人の10人が
箱根駅伝を目指す、正しい青春小説。

読みながら、
「こんなに簡単にはいかないだろう」とか、
「清瀬みたいな完璧なヒト、いるわけない」とか
思うこともありますが、
物語にどんどん引き込まれていきます。

以前、友達にすすめたら、
「今○区走ってるとこ」
と、いちいちで報告してくれるほど、
彼女もはまってしまいました。

わたしも前に読んだときは、先が気になってどんどん読んでいきましたが、
今回は細かいところもじっくり読んでみました。

三浦しをんさんの本の中でも特に好きな一冊です。

やっぱりムスメにも読ませよう、と思ったら、
既に読み始めているみたい・・・。
しおりがはさまっていました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック